たちが祝福する祝福、それはキリストのることではないか(Iコリン10:16)。「与る」とはギリシャ語コイノーニアの訳語で、協力、協同、参加、共有などの意味を持つ言葉で、互いに恵みを施し合う深い関係を言い表す言葉です。つまり、聖書が言う祝福とはキリストの血を共有します。聖書の祝福とは十字架を内包しますから、十字架とは祝福を含んでいるものであります。両者は排他的なものではありません。だから、十字架に与る者に「不足したものがあったか」(ルカ22:35)と問いかけられます。