「何よりもまず、心をこめて愛し合いなさい。愛は多くの罪を覆うからです」(Iペテロ4:8)。終わりの時代に生きる生き方は「心を込めて愛し合う」ことです。「心を込めて」を別の聖書は「熱心に」、または「熱く」と訳されました。原語は、エクテネース、自分の差し伸べることのできる範囲を超える意味です。自分の考えや基準を超えて愛すること、それも「何よりにも先立って」、優先して愛しあうことです。その愛は罪を覆う愛です。それはキリストが私の罪を覆ってくださる愛です。これこそ終わりの時代に生きる生き方です。