「イエスはまた会堂お入りになった。そこに片手の萎えた人がいた(マルコ3:1)今始まった、イエスの福音をあざうかのように「え」(エクセーライノー)がそこにえていました。「え」はギリシャ本来ねじれた、ひねくれた考えから縮むとか乾くとかの意味になった言葉です。イエスの力を信じないでねじれた考えを持って嘲笑っている人に、死んだものが立ち上がるかのように、主は「立ちなさい」と命じられます。四旬節の旅程において、主の命令に従い、立ち上がることのできる恵みに生きていきましょう。