「新しいぶどうは、しい皮袋れるものだ」(マルコ2:22)。「新しい」という言葉が二回現れますが、ギリシャ語ではネオス、カイノスと別々のものであります。前者は時間的に再び新鮮なものを意味し、後者は今までなかった全く新しいものを意味します。キリストを信じてそのお方の中にある者は「カイノス」(IIコリント5:17)であります。何か新しい考えや哲学の布切れを縫い付けることによって新しくなる程度のものではありません。四旬節のあゆみの中でカイノスの恵みを確認していきましょう。