「イエスがれんで、べてそのれ、『よろしい、くなれ』とわれた」(マルコ2:41)。「差し伸べる」と訳されるエクテイノーはここでは手を差し伸べて按手するようなイメージだと言ってよいと思います。使徒行伝ではこれが「錨を降ろす」(27:30)とも訳されました。イエス様のエクテイノーは深く憐れむ治癒の錨を降ろすことであります。四旬節の二日目です。主のエクテイノーを祈り求めましょう。