善悪からはってべてはならない」(創世記2:17)。善悪を知る木から食べることは善悪を判断する主体が神様から人間に代わることになります。人が善悪の判断の主体になると自己中心的になるのは火を見るよりも明らかです。主なる神様は普遍者であられますからこのお方のみが善と悪を判断する主体者です。神様は全てを造られてよしとされました。だから神の御言葉に生きる人は神のように思考し判断する人になります。神のかたちにつくられたあなたの判断の主体は誰でしょうか?