乳離れしたみどりごが、そののふところにらかにあるように」(131:2)。「らか」とされたシャヴァとは「主を私の前に置く(16:8)ことであり、「威厳とがえられる」(21:5)であり、それで「がめじかののようにされる」(18:33)ことであります。「らか」とは主を私の前に置くことから始まり、その時に主が誉を着せてくださることにより与えられる恵みです。今日も、シャーヴァーの祝福を祈ります。