「ラハブはけた」(ヨシュア2:21)されるヘブライティクヴァ望みと訳されることもあります。「主は私の望み」(71:5)。紐と望み、一見全然関係性がないようにも見えますが、ラハブにとって紐は言われた言葉を信じることであり、そうなるだろうと希望を持って待ち望むことであり、それこそ「主」でした。あなたは人生のティクヴァーをどこに結び付けていますか。今日、人生の窓に赤い紐を結びつけたらどうでしょうか。