福音のために祭司めている」(ロマ15:16)。「祭司の役を務めている」とは神殿でいけにえを供えて神に仕えることではなく、全世界に神の福音を宣べ伝えることこそ祭司の務めであると、パウロは言います。私たちの大祭司長であるキリスト・イエスの証人として、そのお方を証言していく宣教的祭司として生きることが求められているのです。今日も、福音の祭司として生きることができるように祈りましょう。