アブラハムは、自分の体が死んだも同然であることと、サラの胎の死んでいることとを認めても、その信仰が弱りませんでした(ロマ4:19)。信仰は現実(死んでいる)に目を閉じる、楽観的な自己欺瞞ではありません。信仰は神の約束に繋がっているへその緒です。だから弱くなりません。弱くなるとは病気になることです。アブラハムは命がないほどに弱くなっても信仰は病気になって弱くならなかったのです。病気にならないように注意すべきです。