なるはこうわれる。めておたちの偶像かられ、すべてのまわしいものからけよ」(エゼキエル14:6)。「めて、れて、けよ」という三つの動詞は原型が同じ「シューヴ」(悔い改める)です。今日の私たちは何を悔い改め、離れ、背かなければならないでしょうか。その「何を」が何なのか分からなければ悔い改めも、離れも、背くこともできないでしょう。