「イエスキリストによってにしようと、御心のままにもっておめになった」(エペソ1:5)。「子にしよう」とするのは原文では、養子縁組するという意味です。聖書が養子縁組を強調するのは、神の国は特定の民族や人ではなく、誰でもイエス・キリストを信じることによって入れる神の国の普遍性を強調するものです。信仰によってあなたも神の養子として神の国を受け継ぐことができます。