上着ぎ、ぬぐいをってまとわれた(ヨハ13:4)。たらいにをくんで弟子たちのうイエスの姿すために「ぐ」という言葉使いました。これは羊飼いが羊のために命を捨てる意味の言葉でもあります。つまり、弟子たちの足を洗うのはこれから命を捨てようとするイエスの仕草なのであります。この仕草のかげに今日を生きていきましょう。