「だから、みかとしていても、れているにしても、ひたすらばれるでありたい」(IIコリ5:9)。「ひたすら…ありたい」とは「愛すること」+「認められた名誉や価値」を意味する二つの言葉の合成語です。価値のあるものをし願う、念願する、ひたすら求めるという意味です。パウロが何よりも願っていたのは、主に喜ばれる者になることでした。あなたはどうでしょうか?