「今なお望みがある…立ち上がってください。この仕事はあなたの上にあるからです」(エズラ10:2,4)。「仕事」とは言葉、出来事などの翻訳される「ダーヴァール」です。神のみ言葉は聞いて満足してそれで終わるものではなく、私がやらなければならない「仕事」として攻め寄せてくるものです。日本の教会には今、絶対やらなければならない仕事があります。まだ望みがあります。だから立ち上がるべきです。言葉を聞いて慰められるばかりではなく、立ち上がるべき時です。