神を知らぬ者は心に言う。神などないと(14:1)人間歴史を「かさの歴史」と学者もいます。かなとは利己的頑固(25)とも言えます。その反対語は「葉もしおれることのない人」(1:3)です。愚かさがあってもそれを反復しない悟りがあれば新しい世界が広がるでしょう。神のみ言葉が練り上げるままに練り上げられる人、そこに葉の萎れない恵みがあるでしょう。