信仰によってきる」(ハバクク2:4)。「信仰」に訳されたエムナは、聖書に100回以上現れる言葉で一般的に誠実真理などの意味を持っています。神に従う人、つまり正しい義人は、 きのうも今日も、また永遠に変わることのない真理信実柱であるキリスト・イエスによって生きる人です。