「マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ」(ルカ1:29)。主の御言葉を聞いた時、マリアはまず「考え込みます」が、さらに「思いめぐらし」(2:19)、「心に留めて」(2:51)いく信仰者であります。これらの三つの言葉は、語られたみ言葉に対して私たちがどのように受け止め、黙想し、そこから恵みをいただけるのかを教えてくれます。