「主があなたがたのために戦われるから、あなたがたは黙していなさい」(14:14)。「黙する」とはヘブライ語で「耳を閉じる」、「耕す」、「彫りつける」、「考案する」などの意味を持つ言葉です。ここでは主の戦いとの関係で、民はでたらめな考えや計画を立てるよりは、世の論理には耳を閉ざして、むしろ主の御言葉を刻み込んで、黙していることが求められます。現代人は賢すぎて、黙するよりは自分の考えが出てしまいます。今日はどうでしょうか?