わせて熱心っていた」(使徒1:14)。心を合わせる(ホモスマドン)は聖書で11回、その内10回は使徒行伝に現れます。10回の中で、前半の6回は良い意味で使われますが、それ以外はそうではありません。確かに、心を合わせるとは初代教会の一つの特徴でもありますが、悪い意味でも使われます。主が喜ばれることに一つになって主のみ言葉宣教に仕えていきましょう。