「それだから、心の腰を締め、身を慎んで、イエス・キリストが現れる時に与えられる恵みをひたすら待ち望みなさい」(Iペテ1:13)ここで言われる心とはディア(こちらからあちらまで)+ノイエオ(心を用いる)からなる合成語ディアノイアで、徹底的に両側の考えを総合しバランス取れた結論を見出す思考力を意味します。そして腰とは聖書では、「アブラハムの子孫()から出る」(ヘブ7:5,10)にありますように、系図(生殖)の力を意味します。つまり、キリスト者は遺伝的にディアノイアを持っています。もし偏見を持っているなら、心を締めることができません。キリスト者のアイデンティティであるディアノイアをまず待ち続けましょう。