「マリアが純粋非常高価なナルドの香油をイエスのった」(ヨハネ12:3)。これに対して一人の弟子は無駄使いであると厳しくとがめますが、イエス様は「そのままにさせなさい」と言われます。貧しい者へのケアーではなく、お金を優先に考える考え方よりも、主に純粋な香油を塗ることをおゆるしになります。「純粋」(ピスティコス)とは信頼できる、偽りのないと言う意味の形容詞ですが、「信仰」(ピスティス)からの由来した言葉です。お金にまさる純粋な信仰を主は望まれます。それがあなたの香水となれば、そばの人々に良い香りを漂わせることができるでしょう。